src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js">
セミナーネット:HOME > 講師のご紹介 > 笹原美智子

研修施設・研修センターに関わる業務を一括手配。人気の宿泊研修が充実。|TKP seminar.net

講師

氏名

笹原美智子

所属/現職

フィットネスアドバイザー 厚生労働省認定健康運動指導士 日本交流分析協会認定交流分析士 メンタルヘルスカウンセラー

ジャンル

健康・医学 | 意識改革 | コミュニケーション | 心

講演テーマ

「ストレスマネージメント」 ストレスがなさすぎると退屈になります。 ほど良い刺激(ストレス)は人生のスパイスであり、自己成長に欠かせないもの。 しかし現代はストレス過剰で病む人が多くなっています。 今現在の自分のストレス度はどのくらいなのか。 自分の性格傾向はストレスを受けやすいのか。 ストレスの多い人間関係をよくする方法とは。 など、ストレスの対処法についてゲームや心理テストなどを含めながら学んでいきます。 心の「こり」をほぐす方法としてリラクゼーション(呼吸法、自律訓練法、アロマテラピーなど)などいくつかを実践します。 「メンタルフィットネス」 健康診断で体に異常がなくても心に重荷を抱えていれば、体も引きずられて元気が出てきません。 体と心のバランスをとっていきいきとした人生を歩むにはどうしたらよいのか。 他人の評価を気にする生き方から脱却し、自分らしい生き方をすることが幸せな人生を築くことになり、 生産性をあげることにもつながっていきます。 「心の窓を開きましょうーよりよい人間関係の築きー」 自分自身の行動や考え方が他人の目には違った映り方をしているかもしれない。 自分が知らない自分の心の窓があるかもしれません。 客観的に自分自身を見つめてみましょう。 自分自身を知ることは自己成長することでもあり、職場や家庭など様々な場での人間関係も良くしていきます。 「心を聴くーリスニング・スキルー」 職場で同僚や部下の相談に乗ったり、家族や友人の相談相手になったりとあらゆる場面で相手の話を聞くことがあります。 酒の席に誘い「飲みニュケーション」で「コミュニケーション」を取っているつもりの勘違い上司、 自分の経験談を語って一方的に励ますだけの熱血上司では、相手の心を聴くことはできません。 ロールプレイなどを用いて実践的にリスニングスキルを学び、信頼される聞き手になりましょう。 「コミュニケーション・テクニック」 「そんなつもりで言ったのではないのに」、「どうして私の気持ちをわかってくれないのかしら」とか、 断りたいけど気まずくなっては困るから断れない、部下や子供を叱るときにも相手が反発するだけ、 不快感を持つだけの叱り方をしてしまうなど相手との意志疎通がうまくいかない場面は多々あるもの。 スムーズに相手との交流を図る方法を学びます。 言葉だけでなく非言語メッセージも上手に活用してみましょう。 「元気に歳を重ねよう!」 100歳を超えた方が2万3千人もいる現在。 100歳を超えても元気な一杯な方もいる一方で、60代、70代で日々やっとの思いで生活をしている方もいます。 人生の最後までいきいきはつらつとした生活をする為にはどうすればよいのか。 元気に長寿を目指してみましょう。 その他こんなテーマもご用意しております。 「心と体の健康管理-中高年からの健康維持増進-」 実年齢は同じなのに若く見える人と老けて見える人、体力年齢の若い人と気力も体力も下降線をたどっている人。 どうして個人差があるのでしょう。 実年齢より若い筋肉、血管、骨、脳細胞への改善方法をお教えいたします。 「生活習慣予防改善」 肥満・高血圧・高脂血症・糖尿病などと診断されても痛くも痒くもないので、ついついそのままに放置しがちです。 ですが、非常に怖い症状なのです。 どうしてそういう症状になるのか、なぜ怖い症状なのか、 予防改善はどうしたらよいのかについて食事・運動・ストレス対処の面からわかりやすく解説いたします。 「腰痛・肩こり予防改善」 腰痛や肩こりの起きる原因、自分はそのどれにあてはまるのか。 その上で対処方法を考えていきます。

コメント

昭和53年から56年、第1〜4回全日本女子柔道選手権大会61kg以下級優勝。 56年アジア選手権および太平洋選手権同級優勝。 女子柔道の国内初試合からのパイオニアとして活躍。 引退後はエアロビクスインストラクターに転身、健康づくりの道を歩む。 体の健康だけではなく心の健康も大切と、10年以上前からメンタル面での勉強も行う。 現在は、カルチャーセンター等で高齢者への運動指導の他、体と心の健康に関しての講演や研修講師として活動。 ※メッセージ 「わかりやすく楽しく」をモットーに講演および研修をおこなっており、毎回参加者の方から好評を得ています。 また会場のイスに座ったまま行える職場や家庭でできるリフレッシュの為の簡単体操、ストレッチまたはリラクゼーションなどの実技指導も取り入れ喜ばれています。 一方的な話しではなく、聴講者参加形式で行うので、飽きさせることはありません。(長時間研修の場合はご相談ください) 現状課題、ご要望に応じた研修カリキュラム提案もおこなっております。