src="//ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/1.11.1/jquery.min.js">
セミナーネット:HOME > 講師のご紹介 > 植山周一郎

研修施設・研修センターに関わる業務を一括手配。人気の宿泊研修が充実。|TKP seminar.net

講師

氏名

植山周一郎

所属/現職

株式会社植山事務所 代表取締役社長 サッチャー元英国首相顧問 ヴァージングループ 顧問

ジャンル

マネジメント | リーダーシップ | マーケティング | 日本経済

講演テーマ

「ブランディング戦略」 カルロス・ゴーン社長は日産の業績とブランドイメージを上昇させた。 小雪のテレビコマーシャルで、パナソニックの薄型テレビがシェアを拡大した。 ルイヴィトンやエルメスのバッグを若い女性はこぞって買う。 不動産会社の社長さんは、ロレックスの時計をして、ベンツに乗りたがる。 お見合いの相手は「東大」か「慶応」卒業者。世の中すべてブランド時代。 その戦略のメカニズムを分かりやすく解説する。 「サッチャリズムが地方政治を活性化、ヴァージン魂が理想のリーダーシップ」 小泉政権は、規制緩和、不良債権処理などを標榜しているが、実績がなかなか伴っていない。 マーガレット・サッチャー女史は1979年に首相に就任して以来、サッチャリズムといわれる一連の政策を実行し、 イギリス経済を復活させた。 その内容を理解し、彼女の実行力を参考にしていただきたい。 また、リーダーシップを、ヴァージングループのリチャード・ブランソン会長の生き様から学ぶ。 「ワークライフバランス・H型人間が企業を活性化する」 H型人間は、縦軸である「仕事」と「家庭」をしっかり持ち、横軸である「人脈」・「趣味」を広く持つ人間。 この良きお手本が、ソニー創始者の盛田昭夫氏、マーガレット・サッチャー元英国首相、 ヴァージングループのリチャード・ブランソン会長だ。彼らとの個人的な交友関係を通じて学んだ彼らの人生哲学、 ライフスタイルから、企業と個人の活性化を学ぶ。 「ライフプランの薦め」 <20代・30代向け> 5年後、10年後の理想を挙げ、それに対する努力をすること、またビジネスマンとして必要な常識や今後の勉強の仕方など、中長期的なビジョンを持つことがひとりの人間として人生を生き抜く上で必要になってくる。英会話、財務知識、交渉術、マネープラン、人との上手な付き合い方、多角的なライフプランを提案する。 <熟年向け・セカンドライフ> 退職をする際、殆どの人は心身ともに老化現象が加速する傾向にある。 また退職をするまで仕事一筋で来た人ほど、セカンドライフというものの前で立ち往生してしまうのだ。 今話題の熟年離婚の話にも触れながら、セカンドライフを充実させる為のマネープランや働き方、 人との上手な付き合い方を分かりやすく解説する。 「コミュニケーション、アサーションの達人になろう」 コミュニケーションは双方向でなければならないが、その中でもすがすがしい自己主張、つまりアサーションが必要だ。 そのすがすがしい自己主張とはどのようにしたらいいのか? インテリジェンスとユーモアを掛け合わせた最高の説得術のお話から、 相手を気持ちよく説得させるくどきのテクニックまで分かりやすく解説する。 「2006年経済展望」 ・好調なアメリカ経済はソフトランディングに成功するか? ・原油が1バレル70ドル。世界と日本経済はどうなる? ・イギリス経済はテロ攻撃にもかかわらず絶好調だが、ドイツでは失業が大問題。 ヨーロッパ経済の見通しは? ・中国の経済成長は続くか?失速の可能性は? ・15,000円を回復した東京株式市場。今後の見通しは? グローバルな観点に立って、世界経済、日本経済を分かりやすく解説。 「効果的な英語でのプレゼン」 「絶対に成功を呼ぶ25の法則」

コメント

静岡県生まれ。一橋大学商学部卒業。スタンフォード大学ビジネススクールS.E.P.終了。 ソニー入社 。宣伝部次長などを歴任後、株式会社植山事務所を設立。 国際経営顧問、著作、講演、テレビ番組の企画などを手がける。 サッチャー元英国首相やヴァージン・グループの顧問を務める。 著書に「海外ビジネス実戦学」など、訳書に「カイシャ」など合計40冊以上。 講演活動を全国的に展開し、楽しく、元気の出る講演が好評を博している。 現状課題、ご要望に応じた研修カリキュラム提案もおこなっております。